2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 九州 > PC121 筑豊本線客車列車 パート2

PC121 筑豊本線客車列車 パート2

列車番号:6545  牽引機関車:DD51-878
収録区間・時刻: 若松 16:00 → 17:11 飯塚
撮影年月:2000年8月11日  収録合計:約2時間

北九州の筑豊本線に残されたDD51牽引の50系客車列車。機関車の引く定期普通列車としては日本で最後となるであろうこの列車を4本シリーズで作品化する2作目は、夕方の若松発飯塚行6545列車の前面展望です。かつて石炭積み出しのために賑わった若松は再開発で高層マンションが立ち並び、駅構内も線路2本のホーム1面、留置線1本のこじんまりした印象に様変わりしてしまいました。列車は洞海湾に沿ってしばらく進むと鹿児島本線と交差する折尾に到着します。直方方面からの列車は現在ではほとんどが連絡線を経由して黒崎方面へと進むため、折尾の地表ホームもなんだか寂しげです。折尾を出ると電化ボールの立ち並ぶシーンが展開し、電化の進捗度を記録する映像となりますが、機関車の高運転台からみる対向列車もまた違った印象です。飯塚到着後は機関車付け替えのための入れ替え運転をそのまま展望収録しています。
この作品はDVD-Rを使用しています。
お手持ちの再生機がDVD-Rに対応していることをご確認の上ご購入ください。
商品コード : PC121R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ