2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 九州 > PC127 日田彦山線

PC127 日田彦山線

列車番号:954D  乗車車両:キハ147-58
収録区間・時刻: 日田 12:02 → 14:04 城野
撮影年月:2000年8月初旬  収録合計:約2時間5分

九州北部を縦断する日田彦山線の前面展望。特急「ゆふいんの森」の走る久大本線の日田から日豊本線の城野までの全区間を収録しています。日田彦山線の上り列車はすべて久大本線の日田からの発着。収録の954Dは日田を出てすぐ次の光岡で行き違いのための約10分の大休止。ちょっとホームに降りて一休みの感覚でローカル線の旅をお楽しみいただけるよう、停車中は外部カメラに切り替えてのどかなホームのシーンを収録しています。夜明で久大本線と分かれるといよいよ山岳路線の日田彦山線が始ります。強力エンジンに改装された2両のキハ147は 急勾配をエンジン音を響かせて登って行きます。サミットは筑前岩屋ー彦山間にある釈迦岳をくぐる釈迦岳トンネル(4380m)。古いトンネルを抜けると彦山に到着し、ここからは下り勾配でジョイント音も軽やかに筑豊へ向けて下って行きます。添田、豊前川崎などかつて支線が分岐していた駅も民間委託され、改築されて、国鉄当時の面影がほとんど無くなってしまったのは残念なことです。田川後藤寺、田川伊田と筑豊の中心地を抜けて香春を過ぎ、再び山越えするとスイッチバックだった呼野、そして石灰石の専用線が廃止され寂しくなった石原町を過ぎると、前方にベッドタウンが見えて来て、日田彦山線の終着駅、城野に到着となります。
商品コード : PC127R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ