2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 西日本 > PC142 リバイバル特急 しおじ パート2

PC142 リバイバル特急 しおじ パート2

列車番号:9004M 乗車車両:クハネ583-5
収録区間・時刻:徳山 10:58 → 12:50 広島
撮影年月日:2001年7月30日 収録合計:約2時間

昨年の485系『はと』に続くリバイバル企画として運転された特急『しおじ』。山陽新幹線全通以前の国鉄全盛時代の特急列車を再現するべく国鉄型特急寝台電車583系車両を使って運転された下関−新大阪間全区間の走行をテープ6巻組で余すところなく記録する作品です。
パート2は徳山−広島間を収録。快晴の空の下、大畠付近の瀬戸内海を走るシーンは往年の山陽特急の姿を彷彿とさせます。岩国では約16分間停車して写真撮影タイム。カメラを運転席からホームに移して、楽しい撮影タイムの模様を挿入しています。岩国−広島間は普通列車、快速列車が10分間隔で走る高密度区間のため、臨時列車の宿命で『しおじ』は所々で徐行運転となりますが、ホームで待つお客さんたちがこちらを振り返り、思わぬ珍客に驚く様子や、踏切で手を振る子供たちなども楽しい1コマです。
商品コード : PC142D
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ