2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 西日本 > PC180 赤穂線 相生行

PC180 赤穂線 相生行

列車番号
収録区間・時刻
乗車車両
224M 岡山 12:47 → 14:22 相生 クモハ105-7
撮影年月日:2002年2月下旬 収録合計:約1時間40分

JR西日本の赤穂線の前面展望を2作品に分けて往復発表いたします。
まず往路は115系電車で姫路発岡山行の収録。相生まで山陽本線を走って、相生から赤穂線に入ります。この路線は四十七士で有名な播州赤穂を通り、日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓や鍛冶の町である長船、裸祭りの西大寺など沿線は史跡に富み、風向にも恵まれた地域を通りますが、赤穂線そのものはこれといった特徴もない路線で、あまり紹介されることもないローカル線です。その分、本作品ではのんびりとした「ふだん着の赤穂線」の表情を収録していますので、早春の瀬戸内の旅をお楽しみいただける作品です。
帰路は岡山発相生行の黄色い105系に乗車しての収録。こちらはワンマン運転の列車で、先頭車は電動車クモハ105ですので、映像とともにモーター音もお楽しみいただける構成です。途中、長船、日生で列車行き違いのための数分間停車がありますが、その間はサブカメラでホームのシーンを収録し、往復でひと味違った作品構成となっております。
商品コード : PC180R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ