2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 西日本 > PC195 リバイバル急行 わかさ パート4

PC195 リバイバル急行 わかさ パート4

列車番号
収録区間・時刻
乗車車両
9412D 綾部 17:13 → 20:06 京都 キハ58-1047
途中停車駅 (山家)(下山)(胡麻)(日吉)(船岡)
園部 (吉富)(千代川) 亀岡 (嵯峨嵐山) 二条 ( )は運転停車
撮影年月日:2003年3月8日 収録合計:約2時間20分

JR西日本の小浜線(京都府・福井県)の電化開業を記念して2003年3月8日に1日だけ復活運転した急行『わかさ』の前面展望。久しぶりに見る国鉄急行色のキハ58系6両編成の京都−綾部−敦賀間の運転を、前面展望映像を通して4作品で全区間記録するパシナ倶楽部の長大映像作品です。
パート4は復路、方向転換する綾部から山陰本線に入り終着駅京都までの収録。夕暮れの綾部を出てからすっかり日の落ちた京都駅に到着するまでのシーンの完結編です。薄暗くなった綾部を3分遅れで発車した急行『わかさ』は山陰本線内のダイヤの乱れから、各所で運転停車しながら暮れ行く丹波路を終着京都を目指して走って行きます。途中下山を過ぎる辺りからとっぷりと日が暮れて、夜汽車の雰囲気が漂い始めます。園部、嵯峨嵐山など数カ所で対向列車待ち合わせのため予定時間以上に運転停車して、ミゾレの降りしきる京都駅33番線ホームに到着。急行『わかさ』復活運転の終焉となりました。

本作品では一部音声を絞っている箇所があります。あらかじめご了承ください。
商品コード : PC195R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ