2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
ランキング
 

トップ > 九州 > PC236 九州横断特急 パート3

PC236 九州横断特急 パート3

乗車車両 キハ185-3
収録区間・時刻 宮 地 12:49 → 14:36 別 府
撮影年月 2004年7月下旬 収録合計 約2時間

2004年3月の九州新幹線開業と同時に登場した特急列車「九州横断特急」は人吉から別府まで肥薩線、鹿児島本線、豊肥本線、日豊本線を経由して4時間半かけて走るロングラン特急。この作品は、人吉から別府までの全区間の走行を前面展望3作品に分けて収録するパシナ倶楽部の長大作品です。
パート3は宮地-別府間の収録。宮地を発車した列車は阿蘇カルデラが終わり、再び外輪山を越える連続急勾配に挑み始めます。次の波野駅はJR九州最高所の駅で標高は754.9メートル。宮地からの一駅間約10kmで200メートル以上登って波野を通過すると、九州の屋根を越えた列車は大分平野に向けて一気に下って行きます。高架化工事の始まった大分駅を出ると別府湾に沿った海岸線をラストスパート。人吉から4時間半走って温泉の街、別府に到着し、九州横断特急の旅の終着となります。
商品コード : PC236D
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ