2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 東日本 > PC395 IGRいわて銀河鉄道 パート1

PC395 IGRいわて銀河鉄道 パート1

【撮影データ】
収録区間:4527M 盛岡 10:10 → 11:57 八戸
乗車車両:IGR7001-101
撮影年月:2011年8月23日
収録合計:約1時間50分

2002年の東北新幹線八戸延伸開業時に並行在来線の東北本線を転換して誕生したIGRいわて銀河鉄道を《新撮影版》としてハイビジョン原画ワイド画面で前面展望収録した作品です。開業から間もなく10周年を迎えるIGRいわて銀河鉄道は、地元住民の足としてすっかり定着していますが、東北地方の物流の大動脈としての一面を併せて持つため、長編成の貨物列車がたくさん運転されているのが画面からもお分かりいただける客貨両面から重要な路線です。
本作品は盛岡ー八戸間の往復を2巻に分けて収録しています。

画面サイズは16:9のワイド画面での収録となります。

パート1
盛岡発八戸行電車を収録。先頭車両IGR7001のモーター音とともに霧の奥中山高原の幻想的なシーンを収録しています。

パート2
八戸発盛岡行上り普通列車を収録。各駅に停車する列車でも時速100キロ以上のスピードで走る見ごたえある前面展望です。緑の水田地帯を走るこの区間は上り列車としては初の作品化です。

県境で会社が変わるため、両作品の収録区間のうち目時ー八戸間は青い森鉄道線の区間となります。

監修: IGRいわて銀河鉄道株式会社・青い森鉄道株式会社

商品コード : PC395D
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ