2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

トップ > 東日本 > PC406 雪の山形鉄道

PC406 雪の山形鉄道

【撮影データ】
収録区間 210D 荒砥 10:21 → 11:14 赤湯
乗車車両 YR883 撮影年月 2012年2月23日
収録合計 約1時間10分

【特典映像】
収録区間 217D 赤湯 17:30 → 18:25 荒砥
乗車車両 YR885 撮影年月日 2012年2月22日
収録合計 約1時間

豪雪地帯を走る第3セクター山形鉄道の前面展望。2011年12月から2012年3月にかけて、東北地方は数十年ぶりといわれる豪雪に見舞われましたが、この作品は、その大雪の山形鉄道を記録する前面展望作品。撮影日は地元の人たちが「久しぶりに太陽を見た。」と言う雪国の束の間の晴れ間。キラキラと輝く雪原を走るシーンが展開します。線路やホームに高く積もった雪が、積雪の多さを物語っています。また、わずか30kmあまりの区間でも場所によって雪の多さが異なるのもお解りいただけると思います。

初期生産作品には、特典映像として本編撮影の前夜に撮影した夜汽車の前面展望DVD-Rをプレゼント。南風の影響で雪が雨に変わる中、速度規制を受けて徐行運転をする臨場感あふれる走行シーンを収録しています。山形鉄道の列車はこの季節全列車2両編成で運転していましたが、後部車両を閉鎖した状態で運転するのは雪による立往生を防ぐための処置。そんな運用からも厳しい冬の鉄道の様子を知ることができる作品です。
この作品はDVD-Rを使用しています。
お手持ちの再生機がDVD-Rに対応していることをご確認の上ご購入ください。

画面サイズは16:9のワイド画面での収録となります。

商品コード : PC406R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ